お知らせ

2022(令和4)年6月23日(木) お稽古サロン和紅茶KOMBUCHA workshop開催のお知らせ

20220429121001

 

和紅茶のKOMBUCHA workshop

大分メイドのKOMBUCHAづくり体験ー

2022(令和4)年6月23日(木)

に開催が決定致しました‼‼‼

講師に宮脇倫先生(KOMBUCHAマイスター/元タオ・オーガニック・キッチン)

岡本緑穂先生(KOMBUCHAマイスター)

の両名をお迎えし、日本伝統の和紅茶を使った健康的でおいしいワークショップを体験してみませんか?

 

 

・場所:平和市民公園能楽堂

 

・開催日時:2022(令和4)年6月23日(木)

   受付:9:30~ 開始:10:00  終了予定:11:30

 

・参加料:4,000円(プリン付き)

 

・持ち物:口の広い蓋付きの瓶 

  ※内容量800CC~1ℓ程度のものを事前に煮沸したものをご準備ください。                                                          筆記用具、手拭きタオル

※開催当日はマスク着用・検温・手指の消毒にご協力ください。

 

お申込み方法:氏名・住所・電話番号をお電話にてご連絡ください。

       先着順となりますので定員15名に達し次第、募集を終了させていただきます。

          複数名ご参加の場合は、全ての方の氏名・住所・電話番号をお知らせください。

お申込み期間:2022年5月18日(水)10:00~6月1日(水)17:00

       ※6月2日(木)以降のお申込みキャンセルは参加料をいただきます。ご了承ください。

 

お申込み先&お問い合わせ:平和市民公園能楽堂

TEL:097-551-5511

FAX:097-551-5512

住所:〒870-0924 大分県大分市牧緑町1番30号

 ※毎週月曜日が休館日となっております。

(国民の休日と重なった場合はその日以降の休日でない日が休館日)

2022(令和4)年9月11日(日)25周年記念 第25回夏季狂言の会大分開催のお知らせ

大分万作・萬斎の会表
大分万作裏面チラシ

第25回大分「万作・萬斎の会」夏季狂言の会

2022年9月11日に大分平和市民公園能楽堂で開催されます!!

記念すべき25周年記念の公演をお見逃し無いよう

是非、足をお運びください。

 

第25回大分「万作・萬斎の会」

日時:2022年9月11日(日)

開場:午後1時 開演:午後2時

場所:平和市民公園能楽堂

入場料:椅子席・8,800円(税込) 桟敷席・6,600円(税込)

 

 

   狂言のお話    高野和憲

小舞「芦刈(あしかり)」野村裕基

狂言「栗燒(くりやき)」野村万作 他

狂言「仁王(におう」  野村萬斎 深田博治 他

公演のお問い合わせは

ノマ企画(TEL:092-781-1267)まで

大分公演のチケット販売は

電子チケットぴあ(Pコード511-603)

平和市民公園能楽堂

トキハプレイガイド 別府トキハプレイガイド

など各所でお求め頂けます。皆様のご来場を心よりお待ち申しております。

※チケットの一般販売は5月2日(月)からとなっております。

 平和市民公園能楽堂でのチケット販売は当館休館日のため5月3日(火)からとなっております。ご了承ください。

2022(令和4)年度7月9日(土)大分研能会公演のお知らせ

研能会表面
研能会裏面

2022(令和4)年度大分研能会公演

2022(令和4)年7月9日(土)

平和市民公園能楽堂で開催されます!!

いつもご来場頂いているお客様はもちろん

能や狂言を知りたいというお客様も

是非この機会に、能楽堂へ足をお運び頂き

素晴らしい能・狂言の世界を体感してください。

 

2022(令和4)年度大分研能会公演

 

素謡 邯鄲(かんたん)          シテ        武田 宗典

狂言 茶壺(ちゃつぼ)          シテ        野村 萬斎

能  (ともえ) 替装束      前シテ/後シテ 武田 友志

 

                          ご挨拶 武田 文志

                              解説  武田 宗典

 

日時:2022(令和4)年7月9日(土)

開場 11:30 開演 12:30

終了予定時間 16:15

場所:平和市民公園能楽堂

 

入場料(税込)※全席指定

   SS席:8,000円 S席:6,000円 A席:5,000円

B席:4,000円(桟敷席) C席:3,000円(桟敷席) 学生席:2,000円  

 

 

チケットのお求めやお問い合わせは

平和市民公園能楽堂まで

  • 休館日:毎週月曜日(月曜日が国民の休日と重なった場合はその日以降の休日でない日が休館日となっております。)

住所:大分県大分市牧緑町1-30

TEL:097-551-5511 FAX:097-551-5512

※発売開始:5月11日(水)より

 

大分研能会では、開催・運営にお力添えを頂ける

御協賛者様を、随時募集致しております。

大分研能会にお力添え頂ける方は上記フライヤー2P目をご覧ください

【主催】大分研能会

令和4年5月15日 第10回 狂言やっとな会

やっとな会表面

やっとな会裏面

日 時:令和4年5月15日(日)  
開 場:13時 開演:14時 終演予定:16時45分

内 容:
    解 説     出演 高野和憲
    素囃子「男舞」 出演 相原一彦・幸正佳・白坂信行
    靱 猿     出演 野村万作・野村萬斎・内藤連・三藤なつ葉 
    釣 狐     出演 深田博治・野村裕基

チケット販売開始
  令和4年2月21日(月)10時~

主催:大分よからう会事務局/大分合同新聞イベント事業部

 

 

 

第22回別府アルゲリッチ音楽祭2022 チケット取扱について

ピノキオコンサート
 〜大人とこどものための音・学・会

日 時:5月26日(木
開演19:00 終演20:00(予定)

会 場:平和市民公園能楽堂
出 演:マルタ・アルゲリッチ  (ピアノ)
   伊藤京子 (ピアノ・おはなし)
プログラム(予定)
J.S. バッハ/ イギリス組曲 第3番 BWV808 ト短調からガヴォット*
D. スカルラッティ/ ソナタ ニ短調 K.141=L.422 *
C. ドビュッシー/ 小組曲
W.A. モーツァルト/ アンダンテと5つの変奏曲 K.501 ト長調(アルゲリッチ独奏)
【全席指定】6,000円  

チケット販売日:3月12日(土)午前10時より

チケット取扱:平和市民公園能楽堂 事務局(☎︎097−551−5511 ※5/26の公演のみ販売)

      ローソンチケット(Lコード:81780) 

      トキハプレイガイド(☎︎097-538-3111)

      トキハ別府店(☎︎0977-23-1111)

      エトウ南海堂(☎︎097-529-7490)

      公益財団法人アルゲリッチ芸術振興財団(☎︎0977-27-2999)

      アルゲリッチオンラインチケット http://ticket.aserv.jp/argerich/

主 催: 公益社団法人アルゲリッチ芸術振興財団
     大分県・別府市・大分市

公演に関するお問合せ:公益財団法人アルゲリッチ芸術振興財団 ☎︎0977−27−2299

 

 

 

 

 

能楽堂オリジナルグッズ新作登場

平和市民公園能楽堂に新しくオリジナルグッズが仲間入りしました

能楽堂織オリジナルグッズ

・能楽堂オリジナルボトルティッシュ能楽堂オリジナルティッシュ

¥500(税込)

・メタリックマグカップセット
ゴールド:般若と雷+シルバー:小面(ペアセット)

能楽堂オリジナルマグカップセット
¥1.500(税込)

・能楽堂オリジナル紋入り真空ステンレスボトル(350ml)※保冷保温対応

¥2.000(税込)

数に限りがございます!

皆様是非、お買い求めください🥰

室内の画像のようです

日本伝統芸能 つぼみの会

日本伝統芸能「つぼみの会」

〜次世代を担う小.中.高.大学生の祭典〜

■ 事業名  : 日本伝統芸能 つぼみの会

■ 開催日時 : 2021年1月30日(土)

■ 開催時刻 : 12時半開場  13時開演  16時半(終了予定)

■ 鑑賞料  : 無料

整理券有り(限定250枚)入場制限通常の半分以下

整理券配布場所  平和市民公園能楽堂

■ 参加対象 : 小・中・高校・大学生

■ 出演団体 : こども能楽教室(平和市民公園能楽堂)

小天真道流剣舞道

津留少年少女民謡合唱団(大分県民謡連盟)

大分県立上野丘高等学校 邦楽部

大分県立三重総合高等学校 神楽部

大分県立臼杵高等学校 箏曲部

 

ゲスト:  二豊神楽社(コロナ終息祈願) 演目:大蛇退治

 

伝統芸能を継承するこども達だけの祭典。『能』『剣舞』『民謡』『箏』『神楽』など伝統芸能が一同に集まります。世代を越えて受け継がれてきた舞や謡。「大分のたから」が平和市民公園能楽堂で芽吹き咲きほこります。また、新型コロナウィルスの終息を「二豊神楽社」の舞により祈願致します。

 

主催   : 文化庁公益社団法人日本芸能実演家団体協議会

ライブ・フェスティバル in OITA実行委員会

共催   : 平和市民公園能楽堂、大分合同新聞社

[お客様へのお願い]

・ご来場いただいた全ての方のお名前とご連絡先の提出をお願いしております。
・マスクの着用をお願いします。マスクの着用のない方は入場をお断りいたします。
・受付にて検温を実施しております。ご協力ください。
・咳・咽頭痛・発熱の症状がある方はご来館をお控えください。
 (37.5℃以上の熱があるかたは入場をお断りします。)
・状況によっては、時間・内容等予告なく変更または中止になる場合がございます
のでご了承ください。

今昔響舞  ★販売中★

 

「今昔響舞(こんじゃくきょうぶ)」・・・魂の鳴動、音と影の躍動。

 日本の伝統芸能に源を発する舞踊と津軽三味線。

 和の心を重んじ 技を受け継ぎ 未来に挑む。

 

『今昔響舞』梅川壱ノ介×匹田大智

開催日時:令和3年2月20日(土) 開場12:00 開演13:00

会  場:平和市民公園能楽堂

チケット:S席4,400円 A席3,850円 

当日券500円増(未就学児童入場不可)入場制限有

販売開始:令和2年12月1日(火)10:00〜

チケット取扱:平和市民公園能楽堂

       トキハプレイガイド(097-538-3111)

       ローソンチケット(Lコード:82495)

お問い合わせ:平和市民公園能楽堂 ☎︎097-551-5511

 

出  演:梅川壱ノ介(舞踊家)   うめかわ いちのすけ

    :匹田大智  (津軽三味線奏者)ひきだ たいち

    :緑川美津 (篠笛奏者)みどりかわ みづ

 

■出演者紹介

梅川壱ノ介(うめかわ いちのすけ)

大分県生まれ。新潟大学卒業。

2005年、東京バレエ団に入団。

バレエダンサーとして海外公演を重ねるうちに日本への強い思いから2006年に退団。

その後、歌舞伎の研修や立ち廻り、長唄、三味線などの邦楽、歌舞伎の基礎を学ぶ。

2010年研修卒業後、中村獅童一門の中村獅二郎の芸名で初舞台エル8踏む。

2016年歌舞伎俳優から日本舞踊を専門とした舞踊家へ転身。以降、日本舞踊の世界だけに捉われず古典や現代アートとの融合作品を数多く手掛ける新進気鋭の舞踊家である。

 

匹田大智(ひきだ たいち)

1991年5月29日 大分県大分市出身

民謡三味線の師範である祖母・母の影響を受け、9歳より津軽三味線を始める。

2006年に津軽三味線 福居流・福居慶大氏に師事。

2012年、津軽三味線コンクール全国大会に初めて出場し、一般の部 優勝という快挙を果たす。

オリジナル曲をはじめ、他ジャンルの楽器、アーティストとのコラボレーションや、劇伴作品への参加など、幅広い活動を行なっている。次世代の感性を活かした、その演奏スタイルは攻撃的な中にも繊細さを兼ね備え、日々進化し続けている。

また、avexイケメン和楽器集団「桜men」のメンバーとしても活躍中。

 

緑川美津(みどりかわ みづ)【オープニング特別演奏】

大分市生まれ別府在住。2009年に篠笛を始めてから和と洋のアンサンブルを楽しんでいる。

2012年から邦楽合奏団“韻”に参加。翌年、箏・十七絃+篠笛・フルートによる「あんさんぶる

コスモ」結成。生涯音楽学習指導員、大分笛の会(フルート)会員。

[お客様へのお願い]

・ご来場いただいた全ての方のお名前とご連絡先の提出をお願いしております。
・マスクの着用をお願いします。マスクの着用のない方は入場をお断りいたします。
・受付にて検温を実施しております。ご協力ください。
・咳・咽頭痛・発熱の症状がある方はご来館をお控えください。
 (37.5℃以上の熱があるかたは入場をお断りします。)
・状況によっては、時間・内容等予告なく変更または中止になる場合がございます
 のでご了承ください。

平和市民公園能楽堂の設備改修に伴い 平和市民公園の一部が通行止めになります

■大分市からのお知らせ

平和市民公園の通行禁止について

平和市民公園能楽堂の設備改修に伴い、令和2年10月から平和市民公園の一部が通行止めになります。

工事期間中は、ご利用の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解・ご協力のほどよろしくお願い致します。

⬛️ 通行禁止期間:令和2年10月2日(金)~令和3年3月31日(水曜日)

※工事の進捗状況によっては、予定よりも早く通行禁止が解除される場合がございます。

⬛️お問い合わせ

大分市 企画部文化振興課

電話番号:(097)585-6008

ファクス : (097)536-4004

大分市ホームページは、こちらから→ http://www.city.oita.oita.jp/o021/2020tuukoudome.html 

平和市民公園能楽堂30周年記念公演 能楽の祭典 

中止のお知らせ

平和市民公園能楽堂30周年記念公演『能楽の祭典』は新型コロナウィルス感染拡大防止を鑑み、開催中止を決定いたしました

新型コロナウィルス感染拡大防止を鑑み、誠に残念ではありますが開催中止を決定いたしました。つきましては、チケットの払戻しをいたします。お買い求めになりました関係各所にて払戻しのお手続きをお願い致します。

払い戻し期限は2月19日(金)までとなっております。

平和市民公園能楽堂  097-551-5511 (9:00〜17:00) 

トキハプレイガイド  097-538-3111 (10:00〜19:00)

ローソンチケット ご購入されました店舗にて払戻しをお願いします 1/16〜

         払戻し期限 2月19日(金)

平和市民公園能楽堂30周年記念公演『能楽の祭典』

演目:能「猩々」「三輪・白式神神楽」

   狂言「寝音曲」

「能楽の祭典」は平和市民公園能楽堂がお贈りする、年間最大の能楽公演です。

今年で30周年を迎えるにあたり特別公演を開催します。

はじめに平和市民公園能楽堂で開講された「こども能楽教室」参加者が仕舞を披露。

また山本泰太郎氏による狂言「寝音曲」、谷村育子氏による能「猩々」と馬野正基しによる能「三輪・白式神神楽」をお送り致します。

※能は詩や舞踊・音楽といった要素が詰まった、いわば和風のミュージカルやオペラのようなものです。笛や鼓による伴奏と謡に合わせ、舞台上の人物が舞いながら物語を展開する演劇です。

○狂言「寝音曲」

主人に謡を謡えといわれた太郎冠者は、酒を飲まないと声が出ないとか、妻の

膝枕でなければ謡えないなどともったいつけます。主人は太郎冠者に酒をふるまい、自分の膝に寝かせて謡わせます。主人が寝ていないと声が出ないという太郎冠者の体を起こすと、やはり声がかすれて出ません。しかし、何度も寝かしたり起こしたりしているうちに、太郎冠者が取り違えて、寝かせると声がかすれ、起こすと声が出、しまいには調子に乗って立って舞い始めてしまうのでした。

○能「 猩々 」

中国のかね金山の麓、揚子の里に、高風という大変親孝行の男がすんでいました。ある晩のこと、高風は、揚子の市でお酒を売れば、富み栄えることができるという夢を見ます。夢のお告げに従って、お酒の商売をしたところ、高風はだんだんとお金持ちになっていきました。

高風が店を出す市では、不思議なことがありました。いつも高風から酒を買い求めて飲む者がいたのですが、いくら酒を飲んでも顔色の変わることがありません。高風が不思議に思い、名を尋ねると海中に棲む猩々だと名乗りました。

その日、高風は、酒を持って潯陽の江のほとりへ行き、猩々が現れるのを待っていました。そこえ赤い顔の猩々が現れます。猩々は友の高風に逢えた喜びを語り、酒を飲み、舞を舞います。そして心の直な高風を称え、今までの酒のお礼として、酌めども尽きない酒の泉が湧く壷を贈った上で、酔いのまま臥します。それは高風の夢の中での出来事でしたが、酒壷はそのまま残り、高風の家は長く栄えたといいます。

○能「 三輪・白式神神楽  」

三輪山中に庵結ぶ玄賓僧都(ワキ)のもとに、いつもやって来ては花水を捧げる女(前シテ)がいた。晩秋のある日、夜寒しのぐ衣を玄賓から授かった女は、自分は三輪の里に住む者だと名乗ると、杉の木を目印に訪ねて来てほしいと告げ、姿を消す。

そこえ里の男(アイ)が訪れ、玄賓の衣が三輪明神の神木の杉に懸かっていたと教えられる。実は先刻の女こそ明神の化身であった。玄賓がその神木のもとえ行くと、三輪明神(後シテ)が出現し、玄賓に感謝を述べる。明神は自ら罪を背負うことで人々を仏道へ導くわが身の行いを明かし、いにしえ男の姿で現れ1人の女のもとへ通った故事を語る。

明神はさらに、先刻の受衣こそが罪の苦しみを和らげる法の恵みであったと明かすと、その礼として天岩戸の神秘を見せ、神道の奥秘を玄賓に伝えるのだった。

日時:2021年1月24(日)

開場10時半 開演午前11時半 終演予定午後4時半

    ■ 狂言「寝音曲」  山本泰太郎 山本則孝

    ■ 能「猩々」    谷村育子ほか

    ■ 能「三輪・白式神神楽」 馬野正基ほか

    ■「こども能楽教室」発表会

場所:平和市民公園能楽堂

料金:S席7,700円 A席5.500円 B席4,400円 ※税込

   ※全席指定・未就学児童の入場不可 入場制限有

販売期間:一般:10月1日(木)午前10時~

チケット取扱:平和市民公園能楽堂

ローソンチケット[Lコード: 82070    ]

トキハ会館プレイガイド 097−538−3111

[お客様へのお願い]

・ご来場いただいた全ての方のお名前とご連絡先の提出をお願いしております。
・マスクの着用をお願いします。マスクの着用のない方は入場をお断りいたします。
・受付にて検温を実施しております。ご協力ください。
・咳・咽頭痛・発熱の症状がある方はご来館をお控えください。
 (37.5℃以上の熱があるかたは入場をお断りします。)
・状況によっては、時間・内容等予告なく変更または中止になる場合がございます
 のでご了承ください。