日本劇作家大会2019大分大会②「古典と現代劇の差異」

現代の劇作家が“現代の設定”で書いた狂言を、茂山千五郎家によって上演!
現代劇と古典の差異を炙り出します。

室町時代に始まりその形式を守り続けているといわれる狂言。この形式を使って、現代の劇作家が現代の設定で書いた現代の狂言を創作。土田英生が書いた台本を茂山千五郎家に上演してもらい、そのことから古典と現代演劇の差異を炙り出します。
※終演後にはトークセッションあり。

概要

日付:2019年1月27日(日) 13:00~15:00
場所:平和市民公園能楽堂
料金:2,000円
※ただし日本劇作家大会2019大分大会の登録費として別途¥1,000要

出演

茂山童司 改メ 三世茂山千之丞

茂山宗彦

島田洋海

土田英生(司会)

上演作品

『察化』
主は都の伯父に連歌の会の宗匠を頼もうと、太郎冠者を使いに出した。しかし伯父の顔を知らない太郎冠者は、すっぱ(詐欺師)を伯父だと思い込み連れ帰ってしまう。すっぱを穏便に追い返すため、主は自分の振る舞いを真似るように太郎冠者に命じるが……。

新作狂言『帰ってくれないゴドー』(作=土田英生)
サミュエル・ベケットの戯曲『ゴドーを待ちながら』。(やって来ない)ゴドー を待つだけのこの芝居は不条理演劇の傑作として、帰らないと駄々をこねるゴドーを狂言で描く。現代演劇の聖典ともいわれる作品が、古典を通して生まれ変わります。

・企画お問い合わせ
日本劇作家大会 東京事務局 03-6383-0766
・参加お問い合わせ
J:COMホルトホール大分 097-576-8877