平和市民公園能楽堂

facebook instagram youtube

こども能楽教室 後期⑤

 

画像をクリックで拡大(pdf)

日本の伝統文化に触れてみませんか?
能楽堂では、中学生までを対象とした能楽教室を開催いたします。
プロの能楽師を先生に迎え、かっこよく謡ったり、舞ったりしてみませんか?
締めくくりには、着物を着て『能楽の祭典』の舞台で発表会を行います。
お能を見たことが無くても大丈夫です。この機会にふるってご参加ください!

開催概要

開催日程:
第1回 2017年9月10日(日)13:00~15:00
第2回 2017年9月16日(土)10:00~12:00
第3回 2017年10月9日(月・祝)13:00~15:00
第4回 2017年11月23日(木・祝)10:00~12:00
第5回 2017年12月2日(土)10:00~12:00
第6回 2017年12月23日(土・祝)10:00~12:00
第7回 2018年1月8日(月・祝)10:00~12:00
第8回 2018年1月21日(日)「能楽の祭典」にて発表会

日程は都合により変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
第2回以降からの参加も受け付けております。料金等詳細はお問い合わせください。

場所:平和市民公園能楽堂
講師:馬野正基(観世流シテ方能楽師)・谷村育子(観世流シテ方能楽師)ほか
対象:幼稚園生(年長)~中学生(小学3年生以下は保護者同伴)
参加費:4,000円(全8回分・教材費・衣装代を含む)
定員:25名
持ち物:筆記用具・白足袋(能楽堂で貸出しあり)動きやすい服装でお越しください。

申込方法:参加者氏名・性別・年齢・学年・保護者氏名・住所・電話番号(普段連絡が取れるもの)・足袋の貸出しをご希望の方はサイズを能楽堂窓口・電話・Eメール・FAXのいずれかの方法にてご連絡ください。
申込期間:9月8日(金)17:00(第2回以降からご参加の場合は、ご希望の日程の3日前までにお申し込みください。)

 

こども能楽教室とは…

能は今から600年以上昔の室町時代に、観阿弥と世阿弥という親子によって作られた劇で、世界で一番最初のオペラともいわれています。主人公を演じる役者は「能面」をかけて役を演じます。演目はなんと200種類以上!
現代では難しく思われがちな能楽ですが、「こども能楽教室」では実際に舞台で声を出したり舞ったりしながら、能楽をより身近なものとして楽しんでいただくことができます。
お稽古の締めくくりには、来年1月開催のプロの能楽師による公演「能楽の祭典」の舞台で練習の成果を披露できます!

謡(うたい)…能における声楽部分です。西洋音楽とは異なる独特の節回しがあり、登場人物のセリフや、場面の状況を説明する役割を持ちます。
仕舞(しまい)…能の1曲のうち、もっとも盛り上がる部分を謡と舞のみで上演する形態です。

 

「能楽の祭典」とは

平和市民公園能楽堂がお送りする年間最大の能楽公演です。全国から一流の能楽師が集い、みなさまを幽玄の世界へとお誘いします。

 

講師プロフィール

馬野正基(観世流シテ方能楽師)
重要無形文化財総合指定保持。
東京芸術大学邦楽科能楽専攻卒。観世銕之丞家を中心とした演能団体「銕仙会」に所属。
新作・復曲能や映画、海外公演など幅広い活躍を見せる。

谷村育子(観世流シテ方能楽師)
重要無形文化財総合指定保持。
東京芸術大学邦楽部(観世流)大学院卒。「能を楽しむ会」を主宰。大分県護国神社で大分初の薪能、大分城址公園での新作能「若木の櫻」など、大分の能楽振興に尽力。

 

主催:平和市民公園能楽堂
助成:公益財団法人 関西・大阪21世紀協会/一般財団法人 自治総合センター
協力:能を楽しむ会
後援:大分合同新聞社/OBS大分放送/TOSテレビ大分/OAB大分朝日放送/エフエム大分/大分ケーブルテレコム/CJOシティ情報おおいた/ゆふいんラヂオ局

印刷する