平和市民公園能楽堂

facebook instagram youtube

能楽堂Ars Schola vol.14 フワフワを守り隊 パネルディスカッション

フワフワを守り隊 フワフワを守り隊

画像をクリックで拡大(pdf)

大分県で一年間の内に殺処分された犬・猫の数、2,688頭(H28年度)。この数字に、あなたは何を感じますか?

家族のように可愛がられる犬や猫を目にする機会が多くなった一方、殺処分されている犬や猫がたくさんいる事をあなたは知っていますか? “飼えなくなったから” “可愛くなくなったから” “たくさん産まれたから” これらは全て、わたしたち人間の身勝手からうまれたもの。犬や猫もわたしたち人間と「おなじいのち」。目をそむけるのではなく、向き合いたい。この夏、平和市民公園能楽堂では、「わたしたち人間が変われば、犬猫の環境も変わる」をテーマに展示を開催します。あなたも一緒に「おなじいのち」について考えてみませんか? 初日夜には、ギャラリートークを開催。その他、開催期間中は、各分野から講師を迎えるパネルディスカッションやワークショップも行います。能楽堂オリジナルチャリティーグッズの販売もございます。この機会に是非、能楽堂へ足をお運び下さい。

 

開催概要

2017年8月20日(日)13:00開場 13:30開演
場所:平和市民公園能楽堂 舞台
入場料:無料
定員:350名
申込期間:事前申込不要・当日受付可
テーマ:1部「人間の環境の変化に翻弄される犬猫たち 人間に“排除”の選択をさせないために」
2部「人間と犬猫の本当の共存とは? おなじいのちとあたりまえに共に生きる、理想の世の中とは?」
ファシリテーター:フワフワを守り隊隊長:unid株式会社 代表取締役 櫻井 暢子
パネラー:
フワフワを守り隊隊長:大分県動物愛護推進員 Alegrias 代表 平岡 朋子
NPO法人 ねこの糸理事長 村上 由香里
株式会社フード・マイスター代表取締役 一法師 健登
国立病院機構大分医療センター 医療ソーシャルワーカー 岡江 晃児
ファブラボ大分マスター 豊住 大輔
野津南保育園園長 吉四六・おへま百笑塾代表 後藤 敦子
行政書士コリンズ法務事務所 行政書士 代表 坂本 圭士郎
元豊肥保健所職員(現食肉衛生検査所)渡辺 徹
出店:café Köln カフェケルン (お飲物やスイーツ、軽食の販売がございます。)

主催:平和市民公園能楽堂
後援:大分合同新聞/OBS大分放送/TOSテレビ大分/OAB大分朝日放送/エフエム大分/大分ケーブルテレコム/CJOシティ情報おおいた/ゆふいんラヂオ局

印刷する