月: 2021年5月

能楽堂オリジナル鼻緒の日田下駄づくり

「おけいこサロン 能楽堂オリジナル鼻緒の日田下駄づくり」

定員に達しました。

平和市民公園能楽堂では、日田下駄と能楽堂オリジナル染物の鼻緒を合わせ、
日常で使える下駄作りを体験していただきます。

杉の産地である大分県日田市に古くから伝わる伝統的特産品の日田下駄。

今回は、三代にわたり日田下駄を作り続けている『本野はきもの工業』さんの神代焼きの下駄に、能楽堂オリジナルの鼻緒を付ける、コラボレーション企画のワークショップです。皆さまのご参加をお待ちしております。

 

日時:2021年7月17日(土) 午前10時〜正午12時 
   (受付午前9時30分〜)

場所:平和市民公園能楽堂

講師:本野はきもの工業 本野 雅幸
参加料:4,900円(税込)

持ち物:作業のできる服装でご参加ください。マスクの着用をお願いします。

  • 定員:女性用(小学校5年生以上)15名、 
    男性用5名 合計定員20名 (先着順・要予約) 

申込期間:6月8日(火)午前10時~6月22日(火)午後5時(要予約・先着順)

※参加者氏名・住所・電話番号をお電話にてお申し込みください。
(複数名の場合は全員の氏名・電話番号)

  • 6月23日(水)以降のキャンセルは、参加料をいただきます。ご了承ください。

平和市民公園能楽堂

〒870—0924 大分市牧緑町1番30号

TEL:097−551−5511 
FAX:097−551−5512

月曜休館(月曜祝日の場合、翌日休館)

HP http://www.nogaku.jp/

坂東玉三郎×梅川壱ノ介トークショー「つながり」開催中止のお知らせ

坂東玉三郎×梅川壱ノ介トークショー「つながり」開催中止のお知らせ

平素より平和市民公園能楽堂をご利用いただき、誠にありがとうございます。

5月27日(木曜日)に開催を予定しておりました坂東玉三郎×梅川壱ノ介トークショーin平和市民公園能楽堂『つながり』は、新型コロナ

ウイルス感染拡大の状況を鑑み、お客様・出演者の安全を最優先に検討した結果、開催を中止させて頂くこととなりました。

開催を楽しみにお待ち頂いていたお客様には、深くお詫びを申し上げます。

なお、チケットの払い戻しについては、下記のとおりご案内させて頂きます。払戻し方法をご確認の上、手続きをお願い致します。

また、ご購入いただきましたチケットの払い戻し(返券)手続きにつきましては、以下のとおりご案内申し上げます。

                                              令和3年5月18日

■ 払い戻し(返券)期間  

  令和3年5月18日(火)10:00 〜 6月30日(水)17:00までとなっております

■ ご購入いただきました場所での払い戻し(返券)となります。必ずチケットをご持参ください。

  平和市民公園能楽堂   097-551-5511 お持ちのチケットと引き換えに、ご返金手続きをさせていただきます。

  トキハ会館プレイガイド 097-538-3111 お持ちのチケットと引き換えに、ご返金手続きをさせていただきます。

  ローソンチケット            お買い求めになられた店舗で払い戻しをお願いいたします

 ※払い戻し期間が過ぎましたら対応できかねますのでご了承ください。必ず期間内に手続きをお願い致します。

 

 

My first のうがくどう〜ママと赤ちゃん初めての能楽堂〜

My first のうがくどう〜ママと赤ちゃん初めての能楽堂〜

平和市⺠公園能楽堂では、ママと赤ちゃんのための新たなイベントを実施します。「和」を通じて親と子、ママとママの「輪」をつなぐ場として、「日本の昔ばなし読み聞かせ」と「和菓子などを楽しむお茶会」を開催。

未就学児童不可の公演が多い能楽堂は、赤ちゃんや小さなお子様を持つ親にとっても遠い存在です。そこで、能楽堂という空間で「日本の昔ばなし」を入り口に、幼い頃から和の心に触れ、伝統芸能・文化への興味を引き出す機会と和菓子を楽しみながらコミュニケーションをはかる場をご提供します。

日時:2021年6月24日(木) 午前10時〜11時半(受付9時半)

場所:平和市民公園能楽堂

参加料:1,500円

参加定員: 25組(3歳以下の子とその親)

お申込方法:参加者親子の氏名・お子様の年齢(月齢)と性別、住所、電話番号をEメール(info@nogaku.jp)にてお申込みください。

お申込期間:5月20日(木)午前10時~6月3日(木)午後5時

  • おひとり様一組のみの受付とさせていただきます。
  • 事前申込制・先着順・定員に達し次第募集終了
  • マスク着用(2歳以下は不要)、手指消毒にご協力くださいますよう、よろしくお願いいたします。
  • お申込みキャンセルの場合は、必ず能楽堂まで(097−551−5511)ご連絡をお願いします。

講師:もとむろあさみ
FM 大分「~みんなでつくる~ままともラジオ」企画運営兼パーソナリティー、 オンラインコミュニティ「大分のママ集まれ!」代表、食育企画など、ママとこどものための活動を展開しています。

「能楽初心者教室」

能楽初心者教室

はじめて能に触れる方や、初心者の方のための観世流の「謡(うたい)」と「仕舞(しまい)」の

教室です。能舞台に立って、大きな声で謡ったり、扇を持って舞ってみませんか?

能の一曲の中から謡や舞の美しい部分をとりだし、謡い方と仕舞の基本の型をプロの能楽師がわかり

やすく指導します。締めくくりには小発表会を行います。

お能を観たことがなくても大丈夫です。まずはお気軽にお越しください。

日時(全7回): 

第1回 6月20日(日)午後14時半~16時

第2回 7月25日(日)午後14時半~16時

第3回 8月29日(日)午後14時半〜16時

第4回 9月12日(日)午後14時半~16時

第5回 10月9日(土)午後14時半~16時

第6回 11月14日(日)午後14時半~16時

小発表会 12月19日(日)午後14時半~16時

 

参加費:8,400円(教材費を含む)

対象:高校生以上

定員:15人

※お申し込みが定員に達した場合は募集期間中でも募集を終了させていただきます。

申し込み期間:5月1日(日)午前10時~5月30日(日)午後5時まで

場所:平和市民公園能楽堂 舞台・楽屋

講師:馬野 正基・(観世流シテ方能楽師)他

持ち物:筆記用具・白足袋(能楽堂で貸出しあり:200円)ロングパンツなど足首の隠れる服装でおこしください

 

申し込み方法:

氏名・住所・電話番号・足袋の貸出しをご希望の方はサイズを能楽堂窓口・電話・Eメール・ファクスのいずれかの方法にてご連絡ください。

 

「こども能楽教室」

こども能楽教室
※申込みは、終了しました。

日本の伝統文化に触れてみませんか?

能楽堂では、小学生までを対象とした能楽教室を開催いたします。

プロの能楽師を先生に迎え、かっこよく謡ったり、舞ったりしてみませんか?

夏休みには、親子で楽しめる狂言の体験や表千家のお茶を楽しむ、「夏休み 狂言とお茶お楽しみ会」もあります。

締めくくりには、伝統芸能「つぼみの会」での発表会も行います。

お能を見たことが無くても大丈夫です。この機会にふるってご参加ください!

 

日時(全11回):

第1回 6月20日(日)午前10時~11時半

第2回 7月25日(日)午前10時~11時半

第3回 夏休み 狂言とお茶お楽しみ会 8月11日(水)午後13時〜15時

第4回 8月29日(日)午前10時〜11時半

第5回 9月12日(土)午前10時~11時半

第6回 10月9日(土)午前10時~11時半

第7回 11月14日(日)午前10時~11時半

第8回 12月19日(日)午前10時~11時半

第9回 12月26日(日)午前10時~11時半

第10回 1月 9日(日)午前10時~11時半

第11回 1月22日(土)午前10時~11時半

発表会 1月29日(土)「日本伝統芸能つぼみの会」にて 

参加費:12,500円(教材費・発表会用衣装代を含む)

対象:小学生

定員:25人

※お申し込みが定員に達した場合は募集期間中でも募集を終了させていただきます。

申し込み期間:5月1日(土)午前10時~5月29日(土)午後5時まで

場所:平和市民公園能楽堂 舞台・楽屋

講師:馬野 正基・谷村 育子(観世流シテ方能楽師)狂言師 深田博治 他

持ち物:筆記用具・綿の白足袋(能楽堂で貸出しあり:200円)動きやすい服装(足首までかくれる服装)でお越しください。

 

申し込み方法:

参加者氏名・性別・年齢・学年・保護者氏名・住所・電話番号(普段連絡が取れるもの)・足袋の貸出しをご希望の方はサイズを能楽堂窓口・電話・Eメール・ファクスのいずれかの方法にてご連絡ください。

能楽とは…:

能楽は今から600以上昔の室町時代に、観阿弥・世阿弥という親子によって完成された仮面劇で、世界最古のオペラとも言われています。

当時のストーリーは200曲以上が現在まで受け継がれ、人々に愛されています。2008年にはユネスコ無形文化遺産に正式に登録され、後世に遺すべき財産として世界に認められました。

「能楽初心者教室」では、能の謡(うたい)と仕舞(しまい)のお稽古を通じて、初めての方でも能楽のおもしろさ・奥深さを体験していただくことができます。

世界に誇る日本の芸術を学んでみませんか。

 

謡(うたい)…能における声楽部分です。西洋音楽とは異なる独特の節回しがあり、登場人物のセリフや、場面の状況を説明する役割を持ちます。

仕舞(しまい)…能の1曲のうち、もっとも盛り上がる部分を謡と舞のみで上演する形態です。

 

講師プロフィール:

馬野 正基(うまの まさき)

観世流シテ方能楽師。

重要無形文化財総合指定保持。

東京芸術大学邦楽科能楽専攻卒。

観世銕之丞家を中心とした演能団体「銕仙会」に所属。新作・復曲能や映画、海外公演など幅広い活躍を見せる。

 

谷村育子(観世流シテ方能楽師)

重要無形文化財総合指定保持。

東京芸術大学邦楽部(観世流)大学院卒。「能を楽しむ会」を主宰。大分県護国神社で大分初の薪能、大分城址公園での新作能「若木の櫻」「暘谷」など、大分の能楽振興に尽力。

 

深田博治(狂言方 和泉流)

深田 博治(ふかた ひろはる)

和泉流能楽師狂言方

1967年大分県出身。野村 万作に師事。

国立能楽堂・能楽三役第四期研修終了。

1994年『魚説法』シテで初舞台。

2012年より地元大分で凱旋公演。

「狂言やっとな会」を主宰。

【謹告】「第22回アルゲリッチ音楽祭」の開催中止のお知らせ

【謹告】「第22回別府アルゲリッチ音楽祭」の開催中止のお知らせ

第22回別府アルゲリッチ音楽祭については、アルゲリッチ総監督の入国をはじめとして、感染対策を徹底するなどの対策を取りながら開催できるように準備を進めてまいりましたが、大分県内における新型コロナウイルス変異株の感染拡大を受けて、2021年5月8日から6月22日に開催を予定しておりました第22回音楽祭の全公演について、中止させていただくことになりました。5月14日の東京公演につきましても、緊急事態宣言が延長されるとの報道を受け、お客様、アーティスト、関係者の安全安心を総合的に判断して中止とさせていただきます。
昨年に続き、今年も開催が叶わず、音楽祭を心待ちにされていた皆さまには、大変なご迷惑おかけいたしますことを心からお詫び申しあげますと共に、事情をご賢察いただき、ご了承賜りますよう謹んでお願い申し上げます。
 また、ご支援いただいておりますご寄附、ご協賛の皆さま、そして、開催に向けて準備等ご協力を賜りました関係者の皆さまにも厚く御礼申し上げますとともに、謹んでお詫び申しあげます。

音楽祭の中止に伴いまして、今年の音楽祭チケットをご購入いただきました皆さまには、払い戻しをさせていただくことにいたします。払い戻しの方法については、後日アルゲリッチ財団ホームページ等にてお知らせをさせていただきます。お手元のチケットは大切に保管いただきますようお願いいたします。